トップページ > ビタミンB2・B6を摂取する > ビタミンB2・B6でニキビができやすい体質を改善する!

ビタミンB2・B6でニキビができやすい体質を改善する!

ダイエットで食事制限をしている人、野菜嫌いの偏食家といった人達はたいてい肌が期待ないです。肌に必要な栄養を取れていないというのが一番の原因だからです。

ニキビは体内バランスの乱れから毛穴が塞がってしまう角化異常から始まるのでニキビを予防するためにはまず皮脂を予防する効果の高い栄養を摂取する必要があります。

ニキビ予防のために積極的に摂取したい栄養素は次のとおりです。

● ビタミンA・・・ニンジン、春菊、ほうれん草、レバー
● ビタミンC・・・フルーツ、野菜
● ビタミンE・・・レバー、かつお、緑黄色野菜
● ビタミンB2・・・卵、牛乳、レバー
● ビタミンB6・・・バナナ、サンマ、大豆、レバー
● タンパク質・・・牛肉、豚肉、魚

重要なのはバランスよく摂取するということです。

とくにダイエットをしている人は野菜は食べてビタミンは摂取しているのに肌荒れ・ニキビができてしまうと困っている人もいると思います。その理由は肌の材料となるタンパク質(肉や魚)を食べていないからです。

ビタミンが不足しているに違いないと思ったら実はタンパク質が不足しているんですね。

逆に外食続きの人はタンパク質はしっかり摂取できていますが、ビタミンAやB2・B6やCが不足しがちです。ビタミンAは肌を丈夫にする働きがあり、ビタミンB2やビタミンB6は皮脂の分泌を抑制してくれます。

ビタミンC、ビタミンEは抗酸化作用があり、ニキビを悪化させる活性化酸素から肌を守ります。

それぞれの栄養素には、それぞれの働きがありますから、この栄養素だけ摂取すればいいというものではなく、どの栄養素も摂りすぎず少なすぎずに日々バランスよく取り入れるというのが重要です。

これだけの栄養素、特にビタミンを摂取しようと思ったらサプリメントを利用したほうが便利だと思う人のほうが多いでしょうし、実際にそういう風潮になっています。しかし、野菜やフルーツなどから摂取した場合と比べると明らかに吸収率に差があるんです。

分かりやすい例が尿の色です。

ビタミン配合のサプリメントを飲むと尿が黄色くなるのは有名ですが、これは単純にいえば体に吸収されずに排出されている証拠なんです。一方で野菜やフルーツを食べた後というのは別に尿が黄色くなるということはありません。

それだけ体に吸収されているということなんですね。

基本的に毎日の栄養摂取は食事からというのが基本です。どうしてもやむを得ない場合のみサプリメントを利用するというのが正しいニキビのための栄養補給になります。

Copyright © 2013 ニキビ体質の改善方法/洗顔やスキンケアが効果がない方必見!· All Rights Reserved·