トップページ > ニキビを悪化させない方法 >  ビタミンCが不可欠な理由

ニキビケアにはビタミンCが必要不可欠!

ビタミンCは、ニキビはもちろん、毛穴、シミ、シワなど肌悩みにマルチに効く成分です。

「美肌ビタミン」といわれているぐらいですから肌トラブルを問わず、また年齢をとわずビタミンCは普段のスキンケアのラインナップのなかに、ぜひとも取り入れたいところです。

● 抗酸化作用
● 抗炎症作用
● メラニン生成を抑制
● コラーゲン生成
● 皮脂の分泌の抑制
● 毛穴の引き締め

といった効果がビタミンCには期待できます。

ニキビ予防の予防から炎症を起こしたニキビにまで効くのが特徴で、ニキビ予防には皮脂を分泌を抑制する作用が効きますし、ニキビの悪化は抗酸化作用が活性酸素を除去し、抗炎症作用もあるので炎症を食い止めてくれます。

ニキビ跡に対しても炎症が色素沈着になって沈着することをメラニン生成を抑制することで防いでくれますし、コラーゲン生成作用で凸凹も修復してくれます。

まさにニキビケアの救世主!必要不可欠とはこのことです。

この効果をお肌に効率的に発揮させるには食事から積極的にビタミンCを摂取するとともに、ビタミンC誘導体配合の化粧水などを利用してお肌に直接塗る、皮膚科でも行われているようにイオン導入をして肌に浸透させるのがいいと思います。

ビタミン剤を内服したとしても、お肌以外のところへ運ばれてから、最後になってお肌に行き届くので大量に摂取しても肌に届くのは一部なのであまり効率はよくありません。ですから、ニキビなどの肌トラブルに対してはお肌に直接塗るという方法のほうがいいんですね。

ビタミンCは、そのまま塗ってもお肌に浸透していかないので、浸透しやすい形になったビタミンC誘導体を配合した化粧水や美容液を使うことになります。

ビタミンC誘導体化粧水に保湿美容液の組みあわせがいいのではないでしょうか?ビタミンCのマルチなニキビケア効果と唯一ビタミンCにない保湿効果を補える組み合わせですから。

ビタミンCの効果をより生かすにはビタミンC誘導体のなかでも「リン酸パルミチン酸型(APPS)」が最も効果が高いです。このタイプならイオン導入をしなくてもばっちり肌に浸透します。

● ニキビ予防からニキビ痕対策までニキビケアにはビタミンCが必要不可欠!
● 毎日使う化粧水をビタミンC誘導体入り化粧水にするのがおすすめ!
● リン酸パルミチン酸型(APPS)のビタミンC誘導体が最も浸透力が高い!

以上の3つをしっかり覚えておいてください。

ビタミンCが不可欠な理由について
    Copyright © 2013 ニキビ体質の改善方法/洗顔やスキンケアが効果がない方必見!· All Rights Reserved·