トップページ > ニキビ症状別の治療法 >  白ニキビ(コメド)

白ニキビ(コメド)ができてしまったときの対処方法

白ニキビは、面皰といったり、コメドといった呼び方もされますが毛穴詰まりのことです。

ニキビの最も初期段階であり、塞がった毛穴のなかに皮脂が溜った状態で、それが肌表面からみると白くポツポツしたものがみえるので白ニキビといわれます。

炎症は起きていないのでニキビとしてはあまり深刻な症状ではありません。しかし、この白ニキビを悪化させてしまうと炎症を起こし、赤くなって腫れたり、痛みをともなうようになってしまうので油断は禁物です。

白ニキビができる原因ですが、

● 甘いものや脂っこいものを食べた
● 生理前
● 洗顔やスキンケアがきちんとできていなかった
● スキンケア用品が自分に合っていない

などの問題があることが考えられます。

大人ニキビの場合は生活習慣に問題があるケースのほうが多いので白ニキビができた場合は、ストレス、睡眠不足、食生活等に問題はなかったか一度見直してみると良いかもしれません。

白ニキビの予防には、規則正しい生活や正しいスキンケアなどの基本的なことが大切です。

できてしまった白ニキビに対しては、市販のニキビ薬を使うと治るのが早いです。洗顔やニキビケア化粧品というのはできてしまったニキビに対してはあまり効果がありません。薬を使ったほうがいいです。

また、白ニキビは毛穴がふさがりそのなかに皮脂が溜まっている状態なので、お風呂あがりなど肌がふやけた柔らかい状態のときにコメドプッシャーを使って毛穴を押し出すとニキビの芯がニョロッとでてきて簡単につぶせます。

ニキビをつぶすのはよくないといわれていますが、白ニキビの段階なら問題ないです。ただ、汚い指や爪でニキビを潰すと毛穴に雑菌が入り込んでいきなり炎症を起こすこともあるので肌を清潔にして消毒したコメドピッシャーを使って潰すようにしてください。

ニキビの潰し方についてはこちらで詳しく解説しています。

白ニキビを悪化させないためには規則正しい生活と正しいスキンケアを心がけます。汚い手で触れたり、刺激を与えたりするのは、雑菌が付いて悪化してしまう恐れがあるので要注意です。

普段はあまり触らないように注意しながら、朝夜1回ずつ程度、しっかり泡立てた刺激になる成分の少ない洗顔料でやさしく洗い、洗顔後にはビタミンC誘導体配合のコスメできちんとケアをしましょう。

ニキビはとにかくこの白ニキビの段階で治してしまうことが大切です。菌や刺激などで悪化させて炎症が起きてしまうと、治るまでに時間がかかったり、にきびが治っても跡が残ってしまうことも考えられるからです。

ニキビ治療薬を使いつつ、生活習慣の乱れを正して、洗顔とスキンケアで悪化させないようにしてください。

白ニキビ(コメド)について
    Copyright © 2013 ニキビ体質の改善方法/洗顔やスキンケアが効果がない方必見!· All Rights Reserved·