トップページ > ニキビ体質を改善する >  マクロビオティック

マクロビオティックでニキビができやすい体質を改善する!

マクロビオティックというのは、精製されていない玄米や雑穀を主食とし、肉、卵、乳製品、精製された白砂糖、化学調味料が入っている食べ物を摂らないという食事法になります。

● 身土不二(その土地で採れた季節にあった旬のものを食べること)
● 一物全体(皮・種も残さず、丸ごといただくこと)

という2つがマクロビオティックの大原則になります。また、すべてのものには「陰」と「陽」があると考えるので食物においても調理法においても「陰」と「陽」を意識している点も特徴です。

動物性食品などを摂らないため、必然的に穀物と野菜や海藻、豆類などの植物性の食品が中心となります。ベジタリアンと混同されることが多いのですが、ベジタリアンが何にも優先して肉を食べないことに比べて、マクロビオティックは身土不二を最優先します。

そのため野菜や穀物であっても旬のものでなかったり、輸入品であればNGです。そして土地の伝統であれば肉食も否定しません。(例:イヌイットはアザラシの肉を主食にしている)

ベジタリアンと違って マクロビオティックはある意味で思想に近いです。

さて、そんなマクロビオティックですが、実践することで体の陰陽のバランスが整うため、便秘解消や冷え性の改善効果があり、その結果としてニキビや肌荒れなどのお肌のトラブルも解消されるという効果が期待できます。

ニキビには甘いものや脂っこい食べ物がNGとされているわけですが、 マクロビオティックを実践すれば動物性食品を摂取することが極端に少なくなりますから、脂っこいものを食べるということは格段に減りますし、動物性食品以上に白砂糖を嫌い、避けるため、糖分の摂取も減ります。

糖質と脂質が減ったことでニキビが減るということも十分考えられるわけです。

食生活を完全にマクロビオティック仕様にしようと思ったら相当の覚悟が必要です。最初は白米を玄米に変えるところからはじめ、基本的な部分(身土不二/一物全体)を見習ってマイペースに実践するということであれば簡単にできますね。

マクロビオティックの体験者に話を聞くと、身体に溜まっているいろいろな有害物質が排出されだすせいか、一時的に肌が荒れたりするようです。いわゆる好転反応というものです。

体質が変わるときにでてくるものなので、心配する必要はありませんが、それが落ち着くと自然と便秘が解消されるので、便秘が原因でニキビができてしまっていた方は、そのニキビも自然とできなくなってくるんだとか。

他にも、化学調味料の恐ろしさ、野菜のおいしさ、昔ながらの伝統食の素晴らしさを痛感することになり、自分にも地球にもやさしくなれるんだそうです。人間=食=地球の関係を見直すことができるのがニキビを改善できること以外の収穫みたいですよ。

マクロビオティックはもちろん、誰にでも素晴らしい効果があると言えるものではないです。それに食材の選定にかなりお金がかかります。輸入品は使えませんし、無農薬や有機野菜を手に入れようと思えばそれなりのところから仕入れないといけないからです。

オーガニックレストランが青山や自由が丘といったお金持ちが住む街にしかないのもそういう理由があるからです。

ニキビ予防や改善のためにマクロビオティックを意識した食生活を実践するならまずは食べてはいけないもの(白砂糖・白米・白パンなど精製されているもの、動物性食品)を避けることからはじめてみるのがいいと思います。

マクロビオティックについて
    Copyright © 2013 ニキビ体質の改善方法/洗顔やスキンケアが効果がない方必見!· All Rights Reserved·