トップページ > 黒ニキビ(酸化) > 黒ニキビ(酸化)ができてしまったときの対処方法

黒ニキビ(酸化)ができてしまったときの対処方法

黒ニキビは、白ニキビが進行して毛穴の中の皮脂や古い角質がさらに溜まって表皮が押し広げられて毛穴が開いてしまい、空気に触れて酸化して黒くなってしまっている状態です。

まだ、炎症は起こしていない状態なのでニキビの初期段階いえます。白ニキビと同様にこの段階のうちに早めに対処すればきれいに治りますし、ニキビ痕も残ることはありません。

皮脂の分泌が非常に活発なおでこや小鼻などTゾーンにできやすい傾向にあり、皮脂線の少ない顎やフェイスラインにニキビができる大人ニキビでの黒ニキビは珍しいと思います。

黒ニキビをきれいにする方法ですが、白ニキビ同様、コメドプッシャーで潰すのが早いです。

すでに毛穴が開いている状態であることやかなり毛穴に皮脂や古い角質が溜まっているということでかなり気持ちよくニョロっとニキビの芯が取れると思います。ただ、なかには力をいれてもニキビの芯がでてこないものがあるので、そういう場合は無理して除去する必要はないです。

黒ニキビまでは皮膚科でも保険適用で面皰圧出をやってくれるのできれいにしてくれます。

きれいにニキビの芯が取れたら抗菌作用や消炎作用のあるニキビ薬を塗っておきましょう。黒ニキビの場合は毛穴が開いているので塗り薬の浸透がいいです。また、コメドプッシャーに付着していて雑菌や刺激でニキビ菌が活性化してしまう可能性が万が一にもあるのでその予防措置にもなります。

普段のスキンケアとして気をつけることは、黒ニキビがTゾーンなどにできやすいことを考えると洗顔などでしっかりと余分な皮脂や汚れを落とすことと、毛穴詰まりを取り除くピーリングなど角質ケアを取り入れたほうがよさそうです。

黒ニキビができてしまった後のスキンケアとしては、悪化させて炎症をさせるわけにはいかないので、抗菌や抗炎がある大人ニキビ用のコスメやビタミンCを配合したコスメを使ってケアすることが重要になります。

まだ炎症をおこしていない状態とはいえ、実はすでに炎症まであと一歩の状態なのが黒ニキビです。とにかく最新の注意を払って対応しないと一気に炎症をおこしてしまいます。

● コメドプッシャーで潰す場合は肌を清潔にし、アルコール消毒をしてから
● ニキビの芯を取り除いた後も消毒。その後、殺菌と消炎作用のあるニキビ薬を塗る
● スキンケアは殺菌や消炎作用のある大人ニキビ用コスメorビタミンCコスメを使う

以上のことに気をつけて黒ニキビのケアを行うようにしてください。

Copyright © 2013 ニキビ体質の改善方法/洗顔やスキンケアが効果がない方必見!· All Rights Reserved·