トップページ > ニキビ体質を改善する >  漢方薬

漢方薬・野草療法でニキビができやすい体質を改善する!

ニキビの治療方法として、近頃ひそかに注目を集めているのが罨法(あんぽう) や野草を使った治療法、そして漢方薬など西洋医学とは違った方面からのアプローチ(治療)です。

ニキビといえば、以前までは思春期にできるものという認識でしたが、最近ではストレスやさまざまな環境的要因によって、大人になってからもニキビができる人が増えており、治りにくいし、治ってもすぐに再発するという悪循環に陥っている人が数多くいるとされています。

大人ニキビは思春期のニキビと違って単純なものではなく、さまざまな原因が絡み合ってニキビができてしまうことから、従来の対症療法では治すことが難しく、根本から解決するには何か別のアプローチがどうしても必要になります。

そこで注目されはじめたのが東洋医学であり漢方や野草を使用するニキビ治療です。

漢方というのは、病気の症状を直接治すものではなく、体質など、もっと根本的な部分に働きかけることで症状を改善させるものです。その人自身の身体が本来持っている自然治癒力を引き出すことで、ニキビを改善する治療です。

皮膚科でのニキビ治療でよく用いられる抗生物質と違って副作用の強いものではなく、身体への負担が少ないという点、体質が改善されてニキビが治るとその後繰り返さないという点も長所として挙げられます。

野草を使ったニキビ治療ですが、ドクダミ、ユキノシタ、スギナ、ジュズダマが皮膚の化膿やかぶれ、炎症、あせも、ただれ、はれものなどに効果を発揮するといわれている野草ですので、ニキビにも効果があるいわれています。

野草を使った治療はおばあちゃんの知恵袋的な位置づけですが、漢方はニキビの治療法として確立されているので、漢方薬を処方してくれる皮膚科もありますし、保険適応なので経済的に負担なく治療できると思います。

病院嫌いの人も漢方薬で治療するというのなら抵抗は少ないと思います。(ちなみに漢方薬局で処方してもらう場合は保険が効きません。)

もちろんニキビに効く野草や漢方を使用したからといって誰もがニキビの症状が改善するということではありません。どちらも、体質に合えば効果が得られるという条件付きです。安全な方法ですが誰にでも同じ効果が得られるわけではないというのが弱点ですね。

ただ、皮膚科でも治療法として漢方薬が処方されているように、大人ニキビのように原因が複雑で対症療法では治せない肌トラブルには、体質を改善して根本的な部分からニキビを解消できる漢方は非常に有効です。

漢方薬について
    Copyright © 2013 ニキビ体質の改善方法/洗顔やスキンケアが効果がない方必見!· All Rights Reserved·