トップページ > ホルモンバランスの乱れ > ホルモンバランスが乱れるとニキビができる

ホルモンバランスが乱れるとニキビができる

思春期ニキビにしろ、大人ニキビにしろニキビとホルモンバランスは密接な関係があります。

ニキビは皮脂の分泌が増えた状態でできやすい傾向にありますが、その皮脂分泌はホルモンバランスによって左右される部分があり、ホルモンバランスが変動するときというのはニキビが大量発生します。

例えば思春期にニキビができるというのはこの時期に男性ホルモンの分泌が一時的に増加してしまうからですし、生理前になるとニキビができやすいのも生理前の黄体期になると、男性ホルモンに似た働きをする黄体ホルモンが増えるからです。

また、覚えておいてほしいのは自律神経の調整とホルモン分泌は同じ視床下部から指令が出されるということで、自律神経が乱れるとホルモンバランスも乱れるという関係にあることです。

ホルモンのバランスを崩してしまう原因としては、食生活が偏っていたり、睡眠不足、運動不足、ストレスなどの生活習慣と深い関わりがあるといわれていますが、これはそのまま自律神経を乱す原因でもありますよね?

このことからもわかるように、自律神経を乱す生活習慣(睡眠不足・ストレス・疲労)というのは同時にホルモンバランスを乱す原因にもなりますし、逆もしかりということなんですね。

そのためホルモンバランスを整えるには、まずは規則正しい生活を心がけてください。

それから女性の場合は、ホルモンバランスの乱れた状態を安定させるという意味で、低用量ピルがあります。大豆イソフラボンを飲んでも大した効果はありませんが低用量ピルは確実です。

ホルモンバランスが乱れてしまうことは、ニキビだけではなく、生理痛や生理不順、その他多くの子宮の病気を招いてしまう原因にもなるわけですが、低用量ピルは避妊薬以上にニキビをはじめ、生理痛や子宮内膜症など婦人科系の体のトラブルの予防や緩和にすぐれた効果があります。

もちろん、低用量ピルを服用するのは怖いというイメージを持っている人がいるのもわかりますが、それはただ無知なだけです。個人差はありますが、ピルをはじめたところあれほど苦しめられていたニキビ・肌荒れがピタリと亡くなったという人もいますから試してみる価値はあります。

ホルモンバランスを崩さないような生活を心がけることも大切ですが生活習慣の改善に限界があることも確かです。合う合わないという問題はありますが、低用量ピルをニキビケアに取り入れていくというのも選択肢としてはありだと思います。

Copyright © 2013 ニキビ体質の改善方法/洗顔やスキンケアが効果がない方必見!· All Rights Reserved·