トップページ > ニキビ体質を改善する >  酵素・発酵食品

酵素・発酵食品でニキビができやすい体質を改善する!

ここ最近、目にしたり耳にするようになったのが「酵素」という栄養素です。

酵素には、消化酵素と代謝酵素という2種類の酵素がありますが、その中でも代謝酵素にはニキビと深く関わりのある、皮膚を新しく生まれ変わらせる働き、つまり新陳代謝を促進する働きがあります。

酵素は体内で生成されているものですが、食物からの酵素摂取量が少なく、食べ過ぎている現代人の場合、体内酵素のほとんどが食べ物を消化する消化酵素として使われてしまっているのが現状で、代謝酵素として使われている量が少なくなっているといわれています。

代謝酵素は、身体に溜まっている老廃物や毒素などを排出するデトックス効果がありますから、この代謝酵素が少ないということになると、代謝が低下しますし、老廃物や毒素が体外に排出されなくなるのさまざまな健康・美容面で悪影響がでてくるわけです。

そのため今、健康や美容のためには酵素を摂取しましょうといわれているわけです。

酵素は生の食物や発酵食品に多く含まれています。野菜、魚の刺身、フルーツ、それから納豆やヨーグルト、チーズなどを積極的に食べることで酵素を摂取することができます。

食物酵素は体内酵素をサポートするので、これまで食べ物の消化に使われていた酵素を節約することができるようになり、その分を代謝にまわすことができるようになります。

こうすることで体内の代謝が飛躍的に高まりますから、細胞の再生や修復、自然治癒力の向上、老廃物や毒素など、体内に溜まったものを排出する作用など、代謝作用が高まります。

内臓の機能も活発になり、本来の働きを取り戻すので、便秘もよくなりますし、お肌も徐々に状態がよくなりニキビの改善へとつながっていきます。発酵食品などを食べると酵素だけでなく、乳酸菌の働きなどで腸内環境もよくなりますから一石二鳥です。

酵素やそれを多く含む発酵食品を食べることはこれだけ効果があるものなんですね。

酵素によって細胞の再生や修復機能が活性化し、腸が本来の機能を取り戻すことで免疫機能を高まると肌の免疫力も当然アップするので、ニキビができない体質に変わっていくのも時間の問題です。

ですから、ビタミンを摂取する、糖質を減らすといったことと同じように食事からは酵素を摂取することも意識してほしいところです。酵素サプリなどもありますが、生のものを食べる、発酵食品を食べるということでも酵素を摂取できるので、それほど難しくはありません。

ヨーグルトを食べるようにするとか、納豆やキムチを食べるのが簡単でしょう。意識すれば日常的に酵素を取り入れるということは日本の食卓においては難しいことではありません。

また、胃や腸に負担をかける食べ物を控えることも大切です。加工食品やインスタント食品を食べる回数を減らし、食事も腹八分を心がける。たまには断食する。これでも消化酵素を節約して代謝酵素にまわせるので、体の自然治癒力アップにつながります。

酵素・発酵食品について
    Copyright © 2013 ニキビ体質の改善方法/洗顔やスキンケアが効果がない方必見!· All Rights Reserved·