トップページ > 遺伝・体質 > ニキビができやすい体質というのがある

ニキビができやすい体質というのがある

ニキビができやすい体質というのは確かにあります。

これは「色白・色黒」「直毛・くせ毛」「キメが細かい・粗い」といったことと同じように、生まれ持った体質なので、これを完全に覆すということは残念ながら不可能です。

兄弟あるいは姉妹揃って、肌が汚いとかニキビがひどい、よくよく親の顔をみればかなり深い凸凹のニキビ痕が残っているといった場合はそういう体質のなんだなーと思ったほうがいいかもしれません。

ニキビができやすい体質というのは、具体的にどんな体質なのかというと

● 内臓が弱い
● 皮脂腺が異常に発達しており、皮脂の量が多い
● ホルモンのバランスが崩れやすい

といった体質だと考えられます。

「ニキビができやすい体質だから」と気持ちがめげそうになる人もいると思いますが、あきらめることはありません。生活習慣を変えることで「ニキビを作らせない体質」に改善することは十分可能だからです。

ニキビそのものはニキビ治療薬もありますし、ビタミンCなどでスキンケアをすれば予防もできます。ただ、ニキビを作らせない、できにくい体質に改善しようとなると、漢方薬を使用したり、腸内環境をガラリと変えるような極端な食事療法が必要になります。

食事が体質改善において重要になるのは、食べたものが身体をつくるからです。現代人の食卓をみると胃袋を満足させることのみに主眼がおかれており、心や体に食べたものが影響するとはほとんど考えられていません。

マクロビオティックやローフード、糖質制限、あるいは断食がスポーツ選手や健康マニアに支持されている理由もそこにあります。

もちろん、体質というのはすぐに変わるものではありません。どんなに早くても数か月、長ければ数年という歳月がかかるものです。だから体質改善に取り掛かるのなら長期的視点を持って取り組まないといけませんし、忍耐力も問われます。

体質改善は、時間がかかりますが、地道に続ければ必ず効果のあるものです。体質が変われば肌質も変わるわけですし、肌の免疫力もついてニキビのできやすさも以前とは違ってくるでしょう。

Copyright © 2013 ニキビ体質の改善方法/洗顔やスキンケアが効果がない方必見!· All Rights Reserved·