トップページ > ニキビ症状別の治療法 >  赤ニキビ(炎症)

赤ニキビ(炎症)ができてしまったときの対処方法

赤ニキビというのは、白ニキビや黒ニキビといったニキビの初期症状が悪化して、毛穴の内部でアクネ菌が繁殖して、炎症を起こしてしまい、赤く腫れてしまった状態のニキビです。

白ニキビなど、初期の状態できちんと正しく対処していれば赤ニキビができることはないので赤ニキビができてしまったというのは完全にニキビに対しての対処を誤ったといえます。(もちろん初登場が赤ニキビというケースもありますが...。)

赤ニキビの内部は炎症が起きてしまっているため、痛みやかゆみが出てしまったり、膿んでしまっていることが多いので、普段では問題にならないようなことでも肌トラブルの原因になります。

たとえば、赤ニキビのかゆみから軽くかいてしまっただけでもつぶれて膿が出てきてしまい、さらに悪化させてしまうということもあるのです。当たり前ですが炎症した赤ニキビは潰してはいけません。

赤ニキビに対する対処方法ですが、まず第一にはできる限り触らないようにすることです。外で仕事をしている方は難しいかもしれませんが、できればメイクも控えたほうが良いです。

メイクをするなら油分の少ない薬用ファンデーション(資生堂にあったと思います。)を使用する必要がありますし、ニキビを隠すなら専用のコンシーラーなども使わなくてはいけないでしょう。

赤ニキビの治療はスキンケアではどうにもなりません。

色々と赤ニキビ用のスポッツケア用の化粧品があるようですが、ニキビは肌の病気ですから化粧品より医薬品が効くのはちょっと考えればわかると思います。

唯一、ビタミンC配合コスメを使うことで多少炎症を抑えられるかな?という気はしますが、炎症を確実に鎮めるのであれば皮膚科で処方してもらえる抗生物質のほうが効果は高いです。

とにかく炎症をおさえて増殖したアクネ菌を殺菌することが必要なので赤ニキビを早くきれいに治そうと思うのなら、皮膚科に行ってください。炎症している期間が長ければ長いほどそれだけ肌にダメージを与えることになるので跡が残りやすくなります。

ダラダラと皮膚科に行くのを先延ばしにしたことが将来にわたる永遠に消えないニキビ跡の原因になってしまうこともあるので、後悔したくないなら皮膚科に行ってください。

ニキビ跡になってしまうとニキビに比べて改善するのが格段に難しくなりますし、お金も時間もかかることになります。あまりにひどいニキビ痕は現代医療でも治せないものなので、ニキビ痕という一生消えないコンプレックスを抱えて生きていくことになります。

赤ニキビができたら、早く確実に治療しなければいけません。

赤ニキビ(炎症)について
    Copyright © 2013 ニキビ体質の改善方法/洗顔やスキンケアが効果がない方必見!· All Rights Reserved·